Feature #1018

ドキュメント作成・アップロードの自動化

Added by Masafumi oyamada about 7 years ago. Updated over 4 years ago.

Status:完了Start date:06/24/2011
Priority:NormalDue date:
Assignee:-% Done:

100%

Category:-
Target version:-

Description

h2. 問題

現在は、ドキュメントの作成とアップロードの手順が、次のように煩雑なものとなっている。

  1. GitHub からドキュメントアップロード用のリポジトリ (mroonga.github.com) を clone
  2. mroonga/doc/ja/sphinx2github.sh を実行し mroonga/doc/ja/html 内のディレクトリ名を GitHub (Jekyll) 用に変更
  3. mroonga/doc/ja/html 内のファイルを 1. で clone した mroonga.github.com にコピー
  4. mroonga.github.com へコミットを行い GitHub へ push

h2. 期待する状態

上記の作業が(半)自動化されていると良い。

具体的には groonga のように ./configure 時に mroonga.github.com が clone され make document とすれば、その中に現在のドキュメントがコピーされるようになっていると良い。

h2. 解決方法

「期待する状態」に書いた作業を実装する。configure.ac や Makefile.am の編集が必要。

History

#1 Updated by Kouhei Sutou about 7 years ago

  • Target version changed from groonga-storage-engine 0.7 to groonga-storage-engine 0.8

#2 Updated by Kouhei Sutou almost 7 years ago

  • Target version changed from groonga-storage-engine 0.8 to 0.9

#3 Updated by Kouhei Sutou over 6 years ago

  • Target version changed from 0.9 to 1.1x

GitHubのダウンロードファイル関連のAPIが以下にあるので、これを使う。

http://developer.github.com/v3/repos/downloads/

#4 Updated by daijiro MORI over 4 years ago

  • Target version deleted (1.1x)

#5 Updated by Kouhei Sutou over 4 years ago

  • Status changed from 新規 to 完了
  • % Done changed from 0 to 100

make update-document で2., 3.相当ができるようになっている。

Also available in: Atom PDF