Feature #1643

mroonga_command() の実装

Added by Kentoku SHIBA almost 5 years ago. Updated almost 5 years ago.

Status:完了チェック待ちStart date:02/23/2013
Priority:NormalDue date:
Assignee:Kouhei Sutou% Done:

80%

Category:-
Target version:-

Description

groongaに直接コマンドを送ることができるように mroonga_command() を実装する。

mroonga_command.diff Magnifier (3.34 KB) Kouhei Sutou, 02/26/2013 11:07 am

History

#1 Updated by Kouhei Sutou almost 5 years ago

groongaのコマンドを呼び出すときにはgrn_ctx_send()とgrn_ctx_recv()のペアを使うか、grn_ctx_send()とgrn_ctx_recv_handler_set()のペアを使います。

groongaコマンドではgrn_ctx_send()とgrn_ctx_recv_handler()のペアを使っていますが、mroongaならgrn_ctx_recv()でいいんじゃないかと思います。handlerの方はコールバックで出力を受け取るAPIですが、recvの方は引数で受け取るAPIです。

sendで送るときは改行をいれ ない ことに注意してください!

#2 Updated by Kentoku SHIBA almost 5 years ago

  • Assignee changed from Kentoku SHIBA to Kouhei Sutou
  • % Done changed from 0 to 30

すとうさんにバトンタッチ。

現在は、 mroonga_command('groongaコマンド', 'データベース名') という引数を受け取る前提の実装になってます。

#3 Updated by Kouhei Sutou almost 5 years ago

現在の実装のパッチ。

#4 Updated by Kouhei Sutou almost 5 years ago

  • Status changed from 担当者作業中 to 完了チェック待ち
  • % Done changed from 30 to 80

Applied in changeset commit:450982af360ce79af489d0d617f6f81fe5620ffd.

Also available in: Atom PDF