Feature #220

PATテーブルでWITH_SISの場合、SISの元となったレコードの集合を取得したい。

Added by Tasuku SUENAGA over 7 years ago. Updated about 3 years ago.

Status:保留中Start date:04/07/2010
Priority:NormalDue date:
Assignee:daijiro MORI% Done:

0%

Category:-
Target version:アイスボックス

Description

PATテーブルでWITH_SISフラグを指定した場合、 登録した主キーについて、その半無限文字列が自動的に主キーに登録される。

ここで、半無限文字列の元となったレコードの集合を返す仮想カラムが欲しい。

具体的に言うと、

[{"_key" : "ひろゆき"}, {"_key": "まさゆき"}]
ってレコードを登録した場合、

select --query key:ゆき --output_columns _key, _parent._key
[["_key", "_parent._key"], ["ゆき", ["ひろゆき", "まさゆき"]]


的な結果が返ってくる
parent的な仮想カラムが欲しい。

History

#1 Updated by daijiro MORI over 7 years ago

  • Status changed from 新規 to 担当者作業中
  • Assignee set to daijiro MORI
  • Target version set to release-1.1

patの構造を変えないとダメ

#2 Updated by daijiro MORI about 7 years ago

  • Target version changed from release-1.1 to release-1.5

#3 Updated by daijiro MORI about 7 years ago

  • Status changed from 担当者作業中 to 新規

#4 Updated by daijiro MORI over 5 years ago

  • Target version changed from release-1.5 to アイスボックス

#5 Updated by Susumu Yata about 3 years ago

  • Status changed from 新規 to 完了チェック待ち
  • % Done changed from 0 to 80

Applied in changeset commit:22eaa7036aa6b09bb77656251a4e5f08a5e0141d.

すみません. これは GitHub 用のコミットメッセージによる誤爆です.

#6 Updated by Kouhei Sutou about 3 years ago

  • Status changed from 完了チェック待ち to 保留中
  • % Done changed from 80 to 0

Also available in: Atom PDF