Yosuke Sekikawa

  • Email:
  • Registered on: 04/01/2010
  • Last connection: 09/27/2012

Projects

Activity

Reported issues: 107

07/23/2010

09:09 pm Groonga Bug #402 (完了): --filterでtrue・falseがシンタックスエラーになる
selectコマンドの--filterオプションで、条件指定に"true"や"false"を入れるとシンタックスエラーになる。
Bool型の条件比較でも使えないため、true / false の指定は 1 / 0 で 記述しなければ...

07/12/2010

09:04 pm Groonga Feature #369: tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
レビュー指摘内容を反映させた修正パッチです。
05:48 pm Groonga Feature #369: tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
ドキュメントの修正内容も入れたpatchです。
04:29 pm Groonga Feature #369: tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
patch上げます。

07/09/2010

08:25 pm Groonga Feature #369: tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
2.10.3.10. 投稿時間でコメント検索 で、空のレコード["","",0.0]が出る原因は、load時のデータに誤りがあったためだった。
tasukuchan:1と書くべきところがtasuku:1になっていた。
これを修...
04:36 pm Groonga Feature #369: tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
自動変換ツールの仕様は以下のとおり:
* groongaのコマンドを、ドキュメントソースの.txtファイル内に埋め込む方式。
* どのソースファイルを処理するかは、自動生成プログラムの引数で指定する。
例:python gr...

07/07/2010

04:52 pm Groonga Bug #384 (完了): selectで、scorerを使って_scoreでのソートをしようとすると結果が空になる
selectコマンドで、--scorerオプションでの_scoreの代入が出来なくなっているのか、_scoreでのソートをしようとすると、空のJSONが返される。...

06/29/2010

02:34 pm Groonga Feature #369 (担当者作業中): tutorialについて、実行例を自動生成するようにする。
実行例を自動生成する手段として、sphinxのプラグインとして、テキスト内の実行例をそのまま実行し、HTML出力時に結果を挿入する方法がある。
しかし、この場合、実行例のコマンドを動かす前に別の実行例のコマンドを動かす必要がある場合...

06/28/2010

05:24 pm Groonga Bug #244 (完了チェック待ち): selectで、特定のクエリで"stack under flow in relative op"する
最新バージョン(0.7.3-184-g81913a5)で発生しないことを確認.

06/25/2010

09:04 pm Groonga Bug #368: ドキュメントで、Sphinxのインストールのコマンドが通らない
ドキュメントを修正。

Also available in: Atom